ゲマニズム

ゲーム・バラエティ・お笑い・アニメ・音楽・カルチャー統合サイト

ゲームマニア阿鼻叫喚 総本数約3000作のゲーム部屋をマトめ売る猛者現る!

calendar

出典元 | 約3000本のゲームソフトがコレクションされたオタク部屋が競売へ…|ニュース&エンタメ情報『Yomerumo』



games_collection_01
画像出典元 | AcidCow.com

 


games_collection_06
画像出典元 | AcidCow.com

 


games_collection_02
画像出典元 | AcidCow.com

 

games_collection_04
画像出典元 | AcidCow.com

 
games_collection_05
画像出典元 | AcidCow.com

 
games_collection_03
画像出典元 | AcidCow.com

 

 

これまでも数々の手法でゲームを資産として売り買いするコレクターは居ましたが、今回の奴はまさかの分譲という力技

不動産関係詳しくないんでこの場合土地の所有権とかどうなるのか分かりませんが、この規模になるともうゲームがどうこうってよりテナントの売買みたいなレベルなんで商業権取得して記念館みたいに入場料制にすればいいんじゃないかと思いました。

毎度の事、この手の規模違いなネタはメリケンが出典元。つーか、国民性なのか収集した分量が大雑把過ぎて、ここまで所有する前に途中で切り売りするとか考えなかったんでしょうか。

まあ、それでもこれだけの規模のゲーム資材があれば今日にでもAVGNの後を追ってYouTuberとしてゲームレビュアー番組デビューする事も可能ですので将来設計に賭ける勇気のある方は是非落札して下さい。きっと納得のいく破滅が待っている筈です。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder インターネットWEB ARCHIVE 名鑑

インターネットWEBアーカイブ名鑑 第一回「九龍小姐」
more...