ゲマニズム

ゲーム・バラエティ・お笑い・アニメ・音楽・カルチャー統合サイト

VHSテープ整理シリーズ マツコの部屋

time 2016/11/09

VHSテープ整理シリーズ マツコの部屋


マツコデラックスがどの辺からブレイクし始めたのかよく覚えてませんが、テレビに出始めの頃は確か「伊集院光が女装芸で変なブレイクのしかたし始めてる」という妙な風評被害が両者に降りかかっていたような記憶。

番組コンセプトとしては、放送当時、マツコの部屋の前番組にあたるダイバスターが終了し、次枠でやる事が不明瞭なまま、番組ディレクターが「インパクトのある番組をやろう」と、企画や台本無視してインパクトのあるマツコデラックスを出演者に起用し、毎回マツコにシュールとも前衛的ともとれないスタッフお手製のつまらない一発ネタVを見せてマツコに出来をジャッジしてもらおうという流れに定着したものの、初回~最終回まで、手放しでマツコが笑った事は一度もなく「失笑」「半ギレ」「罵倒」「セクハラ」「無視して雑談」というお決まりのやり取りをアシスタントの池田Dと行うという、やたらとカルトなSMクラブみたいな雰囲気の番組になっていったという流れ。

こういった、かなりギリギリな番組だったにも拘らず放送履歴を調べてみた所、深夜枠としては異例の1年半続くという快挙。オマケにDVDまで発売。丁度、マツコのテレビタレントとしてのキャラがお茶の間に浸透し始めてきていたのと、低予算÷視聴率のバランスが良かったんじゃないかなーと推測。




以下番組キャプチャ画像を掲載

%e3%83%9e%e3%83%84%e3%82%b3%e3%81%ae%e9%83%a8%e5%b1%8b-%e8%ad%a6%e5%af%9f%e5%ae%98%e7%ab%8b%e5%b0%8f%e4%be%bf-mp4_snapshot_02-41_2016-11-09_03-50-20
%e3%83%9e%e3%83%84%e3%82%b3%e3%81%ae%e9%83%a8%e5%b1%8b-%e8%ad%a6%e5%af%9f%e5%ae%98%e7%ab%8b%e5%b0%8f%e4%be%bf-mp4_snapshot_02-19_2016-11-09_03-50-06
%e3%83%9e%e3%83%84%e3%82%b3%e3%81%ae%e9%83%a8%e5%b1%8b-%e8%ad%a6%e5%af%9f%e5%ae%98%e7%ab%8b%e5%b0%8f%e4%be%bf-mp4_snapshot_11-06_2016-11-09_03-56-41
%e3%83%9e%e3%83%84%e3%82%b3%e3%81%ae%e9%83%a8%e5%b1%8b-%e8%ad%a6%e5%af%9f%e5%ae%98%e7%ab%8b%e5%b0%8f%e4%be%bf-mp4_snapshot_10-11_2016-11-09_03-55-35
%e3%83%9e%e3%83%84%e3%82%b3%e3%81%ae%e9%83%a8%e5%b1%8b-%e8%ad%a6%e5%af%9f%e5%ae%98%e7%ab%8b%e5%b0%8f%e4%be%bf-mp4_snapshot_09-54_2016-11-09_03-55-12
%e3%83%9e%e3%83%84%e3%82%b3%e3%81%ae%e9%83%a8%e5%b1%8b-%e8%ad%a6%e5%af%9f%e5%ae%98%e7%ab%8b%e5%b0%8f%e4%be%bf-mp4_snapshot_06-55_2016-11-09_03-54-31
%e3%83%9e%e3%83%84%e3%82%b3%e3%81%ae%e9%83%a8%e5%b1%8b-%e8%ad%a6%e5%af%9f%e5%ae%98%e7%ab%8b%e5%b0%8f%e4%be%bf-mp4_snapshot_06-42_2016-11-09_03-54-08
%e3%83%9e%e3%83%84%e3%82%b3%e3%81%ae%e9%83%a8%e5%b1%8b-%e8%ad%a6%e5%af%9f%e5%ae%98%e7%ab%8b%e5%b0%8f%e4%be%bf-mp4_snapshot_06-08_2016-11-09_03-53-43
%e3%83%9e%e3%83%84%e3%82%b3%e3%81%ae%e9%83%a8%e5%b1%8b-%e8%ad%a6%e5%af%9f%e5%ae%98%e7%ab%8b%e5%b0%8f%e4%be%bf-mp4_snapshot_03-04_2016-11-09_03-52-39


ワイド画面ぶち抜きそうですね。



後、マツコ本人には直接関係のない音楽ですが、海外のトラックメーカーによるMIX トラック i don’t know what to call this のジャケットの疾走感が素晴らしかったのでご紹介。



メリケン感でもあのボリュームはやっぱインパクトあるんでしょうか。

sponsored link

down

コメントする




著者紹介

ゲマニズム@連射太郎

ゲマニズム@連射太郎

管理者、連射太郎。当サイトは01年10月に発足。ゲームを題材として80~90年代の「アニメ、漫画、ドラマ等」様々なカルチャーを取り扱ってます。連射太郎以外のメンバーの詳細なプロフィールは 自己紹介ページを。メンバー随時募集中、興味のある方はメールアドレス 連射太郎宛までご一報。雑誌掲載、楽曲MIX等の依頼も受け付けてます。

■簡易経歴
01~09年頃まで様々なゲーム企業を転々としながら業界内で事務営業、WEBデザイン等の職務を体験する。現在、独立して映像制作やWEBデザインの他、趣味の音楽活動の傍らDJやトラックメーキング等、断続的に活動中。

■制作CDペロセポネ(発売中)
http://gemanizm.main.jp/mart/mart.html

■SoundCloudアカウント
https://soundcloud.com/gemanizm

■ツィッターアカウント
https://twitter.com/GABAN2012
(フォロー歓迎)

[詳細]

カルドセプト 今日の新種発見枠

アクアリング

本編は こちら からどうぞ。

ゲームLIVE配信

ニコ生 バカゲー友の会放送開始のお知らせ

連射太郎の呟き(フォロー歓迎)

ゲマニズムニコ生

SoundCloud 自作アレンジアップ曲一覧

バラエティコンテンツ

ブログ

データベース

テキストコンテンツ

参加型

最近のコメント