ゲマニズム

ゲーム・バラエティ・お笑い・アニメ・音楽・カルチャー統合サイト

VHS整理シリーズ ガキの使いやあらへんで 宮路社長おっぱいを揉む

time 2016/10/07

VHS整理シリーズ ガキの使いやあらへんで 宮路社長おっぱいを揉む



以前の小室調子こき映像に引き続きそういったタイトルでHDDから発掘されました。

もう宮路社長も城南電機も亡くなって久しいので、今の人に言っても多分伝わらない時の人になってしまってると思いますが。

元々は浅草橋ヤング洋品店の色物素人として浅草キッドにいじられて人気の出た電気店の社長さんでして、アタッシュケースに数千万入れて持ち歩く等いかれた行動で一躍スターダムに。少し前にネットで死因見るまでテレビからの消息原因知らなかったんですが割と早くして亡くなったんですね、城南電機もワンマン経営が原因で息子さんが受け継ぐも間もなく全店舗閉店されたらしいし水商売の末路は儚いですなー。

番組観ると宮路社長のキャラで何となく面白くなってる様ですが、松本くんはごっつ時代からこういうコミュニケーションや自主発進に難のある優良パーツ(外人、動物、老人、おばちゃん)等のリモコンとして機能し、その操作がはまると爆発的に面白くなる事があり、これもその一連のお笑いテクノロジーの賜物。邦正いじりやHeyHeyHey等のミュージシャントークも根本的には同じツボの突き方によるもんだと思ってます。実際、当時、宮路社長あちこちテレビで広報活動してましたが、出る番組によってはすげーつまらないか、ただの店舗営業に終始するだけでしたし。


番組の方はココリコがまだ番組起用されたての頃で初々しさというか、坊主処理前のビーバップ松本、ヤクザ感ばりばりの浜田、そんな二人に犯罪ギリギリのいじられ方をされる邦正の悲壮感が相まって馴染む馴染まない以前に終始怯えてるのが何とも。この放送の少し後に年末の笑ってはいけない○○のパイロット版となる罰ゲーム合宿が始まり、そこでダウンタウンの二人と共演した辺りでようやく馴染んでくるので、この頃はまだ番組進行慣れしていない若手芸人という感じ。

ガキの使いは企画構成に松本本人、構成には放送室でお馴染みのブレーン高須光聖が参加してる事もあり、時代の風潮に押し出されがちなテレビ業界において番組開始当初からほぼそのスタンスに変更が無いという非常にレアなケースの番組の一つなので今後も大御所感漂わせずユルユルと続いてほしいなと思います。

それでも年末の笑ってはいけないシリーズはもう局の強迫観念しか感じないのでいい加減打ち切ってほしいですが。





番組とは関係ありませんが冒頭のCM部分が例の如く時代の流れにより風化しまくってたのでいくつか画像掲載。

%e3%82%ac%e3%82%ad%e3%81%ae%e4%bd%bf%e3%81%84%e3%82%84%e3%81%82%e3%82%89%e3%81%b8%e3%82%93%e3%81%a7-%e5%ae%ae%e8%b7%af%e7%a4%be%e9%95%b7%e3%81%8a%e3%81%a3%e3%81%b1%e3%81%84%e3%82%92%e6%8f%89%e3%82%80
%e3%82%ac%e3%82%ad%e3%81%ae%e4%bd%bf%e3%81%84%e3%82%84%e3%81%82%e3%82%89%e3%81%b8%e3%82%93%e3%81%a7-%e5%ae%ae%e8%b7%af%e7%a4%be%e9%95%b7%e3%81%8a%e3%81%a3%e3%81%b1%e3%81%84%e3%82%92%e6%8f%89%e3%82%80
%e3%82%ac%e3%82%ad%e3%81%ae%e4%bd%bf%e3%81%84%e3%82%84%e3%81%82%e3%82%89%e3%81%b8%e3%82%93%e3%81%a7-%e5%ae%ae%e8%b7%af%e7%a4%be%e9%95%b7%e3%81%8a%e3%81%a3%e3%81%b1%e3%81%84%e3%82%92%e6%8f%89%e3%82%80
%e3%82%ac%e3%82%ad%e3%81%ae%e4%bd%bf%e3%81%84%e3%82%84%e3%81%82%e3%82%89%e3%81%b8%e3%82%93%e3%81%a7-%e5%ae%ae%e8%b7%af%e7%a4%be%e9%95%b7%e3%81%8a%e3%81%a3%e3%81%b1%e3%81%84%e3%82%92%e6%8f%89%e3%82%80
%e3%82%ac%e3%82%ad%e3%81%ae%e4%bd%bf%e3%81%84%e3%82%84%e3%81%82%e3%82%89%e3%81%b8%e3%82%93%e3%81%a7-%e5%ae%ae%e8%b7%af%e7%a4%be%e9%95%b7%e3%81%8a%e3%81%a3%e3%81%b1%e3%81%84%e3%82%92%e6%8f%89%e3%82%80


にしても、ブックオフの常連ことNOWのジャケット、どうやったらこんな絶望的なデザインになるんですかね。

sponsored link

down

コメントする




著者紹介

ゲマニズム@連射太郎

ゲマニズム@連射太郎

管理者、連射太郎。当サイトは01年10月に発足。ゲームを題材として80~90年代の「アニメ、漫画、ドラマ等」様々なカルチャーを取り扱ってます。連射太郎以外のメンバーの詳細なプロフィールは 自己紹介ページを。メンバー随時募集中、興味のある方はメールアドレス 連射太郎宛までご一報。雑誌掲載、楽曲MIX等の依頼も受け付けてます。

■簡易経歴
01~09年頃まで様々なゲーム企業を転々としながら業界内で事務営業、WEBデザイン等の職務を体験する。現在、独立して映像制作やWEBデザインの他、趣味の音楽活動の傍らDJやトラックメーキング等、断続的に活動中。

■制作CDペロセポネ(発売中)
http://gemanizm.main.jp/mart/mart.html

■SoundCloudアカウント
https://soundcloud.com/gemanizm

■ツィッターアカウント
https://twitter.com/GABAN2012
(フォロー歓迎)

[詳細]

カルドセプト 今日の新種発見枠

アクアリング

本編は こちら からどうぞ。

ゲームLIVE配信

ニコ生 バカゲー友の会放送開始のお知らせ

連射太郎の呟き(フォロー歓迎)

ゲマニズムニコ生

SoundCloud 自作アレンジアップ曲一覧

バラエティコンテンツ

ブログ

データベース

テキストコンテンツ

参加型

最近のコメント