ゲマニズム

ゲーム・バラエティ・お笑い・アニメ・音楽・カルチャー統合サイト

2chスレの「俺が異世界に行った時の話をする」が半端なく面白いので紹介

time 2012/06/25

2chスレの「俺が異世界に行った時の話をする」が半端なく面白いので紹介


(画像をクリックで2chマトめスレッド系サイト 哲学ニュースnwkのスレッド掲載ページに移動します)


ツィッターでフォロワーの方に紹介してもらったもので自分も何回かツィッターで紹介しましたが
あまりにも面白いので本サイトでも紹介しておきます。

話の大筋を簡単に説明すると、
とあるマンションに一人暮しのために引っ越してきた大学卒業したての新社会人の男性が
そのマンションの中庭に入った事がキッカケで異世界に移動してしまうという話なのですが
その異世界が見た目は今までの世界と同じなのに、空が異常に濃く、空気に臭いが漂い、
文字や言葉がハングル文字の様な逆再生の様なよく分らないニュアンスというとても異質かつシュールな世界で
自分が創作物で今まで見てきた異世界とは根本的にズレた
不思議な話で不気味さと恐怖を感じさせつつも最後まで読みたくなる
とても世にも不思議な体験談になってます。

僕がこのスレッドを読み終えた感想はまるで藤子不二雄や大友克洋の短編集を
読んでる最中その世界に入り込んでしまった様な妙に生々しい読後感でした。

これが創作だとしたらスレ主さんのイマジネーション力、文筆力たるや
昨今、稚拙なシナリオで世間を賑わしてるWEB発のSF系ライトノベルなんか比にならないクオリティの名作だし。
本当だとしたら、こういう世界がある可能性が恐くもある反面
どこか好奇心や世界の可能性が広がった事が嬉しくもあります。

とりあえず語りすぎると名作スレをダメにしてしまうので
スレッドにあったお気に入りの一文を掲載して終了。
是非皆さんご一読を。






まず異世界はこっちの世界よりも文面がわずかに進んでいること。

異世界の人達はこっちの世界を知っているということ。

異世界には昔から亜人と呼ばれる生まれながらにちょっと変わった人間がいること。

スーツ着てた子供はおそらくこれ。だが、生まれてすぐに隔離される為、詳細はわからないとのこと。

今、異世界人達はこっちの世界で宇宙に行くようにこっちの世界に行こうとしていること。

sponsored link

down

コメントする




著者紹介

ゲマニズム@連射太郎

ゲマニズム@連射太郎

管理者、連射太郎。当サイトは01年10月に発足。ゲームを題材として80~90年代の「アニメ、漫画、ドラマ等」様々なカルチャーを取り扱ってます。連射太郎以外のメンバーの詳細なプロフィールは 自己紹介ページを。メンバー随時募集中、興味のある方はメールアドレス 連射太郎宛までご一報。雑誌掲載、楽曲MIX等の依頼も受け付けてます。

■簡易経歴
01~09年頃まで様々なゲーム企業を転々としながら業界内で事務営業、WEBデザイン等の職務を体験する。現在、独立して映像制作やWEBデザインの他、趣味の音楽活動の傍らDJやトラックメーキング等、断続的に活動中。

■制作CDペロセポネ(発売中)
http://gemanizm.main.jp/mart/mart.html

■SoundCloudアカウント
https://soundcloud.com/gemanizm

■ツィッターアカウント
https://twitter.com/GABAN2012
(フォロー歓迎)

[詳細]

カルドセプト 今日の新種発見枠

アクアリング

本編は こちら からどうぞ。

ゲームLIVE配信

ニコ生 バカゲー友の会放送開始のお知らせ

連射太郎の呟き(フォロー歓迎)

ゲマニズムニコ生

SoundCloud 自作アレンジアップ曲一覧

バラエティコンテンツ

ブログ

データベース

テキストコンテンツ

参加型

最近のコメント