ゲマニズム

ゲーム・バラエティ・お笑い・アニメ・音楽・カルチャー統合サイト

歴史は真実を語る ゲームマニア必然のオリジナルドキュメントアニメ 「第○次 ゲーム大戦シリーズ」が熱い

calendar

reload

歴史は真実を語る ゲームマニア必然のオリジナルドキュメントアニメ 「第○次 ゲーム大戦シリーズ」が熱い





style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7392063311221775"
data-ad-slot="8494570424">




ニコニコで数年前から有志の制作者によって制作され続けてるゲーム業界ドキュメント風ムービー。
あの業界でしばし水に浸かった事のある人間なら共感せずにはいられない箇所もチラホラあって
中々笑えます。

ただ、あくまで一般ユーザーの傍観レベルなのですが、それにしてもよくマトめたなーという感想。

僕が企業周りを転々としていたのは丁度動画でいうと第8~9次辺りで、
ゲームバブル崩壊の煽りで主に営業辺りの人の眼が軒並み死んでいました。

労働ど真ん中は丁度、第8次後半なのですが、BANDAIの陰謀によりYOUTUBE版の方が削除されてしまってるので
興味のある方はニコニコの方をどうぞ。(スマホだと見難いでしょうが)



キューブの子供向け路線と3D、2Dどっちつかずの状況が長引いたせいで、
ニンテンドウオワコン説が業界の内外からも飛び交ってましたが、
その後の第四次ゲーム業界バブルと呼ばれるDSバブルショックはマジで凄かったです。

海外で有名なATARIショックの様な好景気現象が国内の業界内においても起きた時期があり、

主に国内業界好景気の

  1. 第一次をインベーダーブーム、
  2. 第二次ファミコンバブル、
  3. 第三次PS FF7大ヒット
の様な流れがありました。

それによって首吊ったり、飛ばされたり、転職先で漁船に乗ったり、と、

人生棒に振った方々も多数いらっしゃいましたが。
マックのジョブズと同列であんな異端な社長経営者はもう出ないだろうなー、
と今更ながら岩田氏に感服。

僕が働いていた時代未だに印象に強く残ってるのが、
寝間着姿で乱数調整に挑み続けるプログラマーに
「歯磨き粉買ってきてくんない?」と真顔で頼まれた事です。


この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder インターネットWEB ARCHIVE 名鑑

インターネットWEBアーカイブ名鑑 第一回「九龍小姐」
more...